★原生林のある風景★

♪クワガタ灯火採集♪フラッシュライト♪キャンプ♪釣りのブログ♪

ランタンとしては味気無いかもしれないけどLEDはコスパに勝れている 

キャンプの夜


ガスや燃料ランタンの



【音】と【柔らかい色】



も良いけど…


-- 続きを読む --

category: フラッシュライト懐中電灯

TB: --    CM: --    

灯火採集、街灯採集に適したフラッシュライトを考える 

灯火採集、街灯採集に適したフラッシュライトとは・・・
灯火採集、街灯採集に適したFL(フラッシュライト)考


(リクエストが数件ありましたので記事にまとめました)




2014.5.15追記
2014.5.20追記
2014.5.29追記
2014.6.04追記
2014.7.10追記
2014.8.22追記(LEDLENSERクワトロカラー)

・自家灯火に負けない光量があること。
灯火採集水銀灯300wでも15000ルーメンありますので、フラッシュライトは最低でも400ルーメンは欲しいです。







・どんな時でも1動作でMAXの明るさから点灯できて、消灯も1動作であること。
ハイ→ミディアム→ロー→消灯(LEDLENSERはこのタイプ)は手間取ります、、、が慣れれば大丈夫かな…。最後に使った明るさを記憶するタイプは消灯から点灯までの時間が短いと記憶出来ないので、点灯消灯を短い間に繰り返す灯火採集(瞬時に状況が変化するため)には使いづらいです。既に虫が飛来している街灯採集では余り気にしなくても良いでしょう。調光ボタンと点灯ボタンが別々なタイプや調光はヘッドのツイストで行うタイプが良いです。点灯ボタンを半押しでMAX照射できるタイプは更に良いかと思います。







・ある程度のスポット光であること。
狙った場所だけ明るくなるのがベストです、リフレクターだと周辺まで明るくなります、中心光が強いほうが使いやすいです。基本的には(例外もありますが)スムースリフレクターで深さがありますと集中配光となり(中心光強くなります)、オレンジピールリフレクターや浅いリフレクターは拡散系となります(中心光と周囲光の差が少なくなります)。街灯回りの場合は余計な場所は明るくならない超スポット配光のレンズ式が良いでしょう。







・色温度が高いこと。
暖色系は草の中に着地したクワガタを探しにくいです。クールホワイト(CW)と言われている色がベスト。ナチュラルホワイト(NW)やウォームホワイト(WW)は色温度低すぎて使えません。







・18650リチウムイオン充電池1本仕様であること。
容量、電圧、重さを考えるとベストな電池ではないでしょうか、日本製セル&日本製保護回路を強くオススメします。







・ある程度軽いこと。
採集中、常にフラッシュライトを持っていたりポケットに入れている為、本体重さは150g以下が使いやすいです。街灯採集の場合はあまり気にしなくても大丈夫ではないでしょうか




余談ですが、、、
安くてハイルーメン(1000ルーメンオーバー)は個人的にはやめたほうが良いかと思います、滅茶苦茶熱くなって電池に悪そうですし、本体にも悪そうです。その手のフラッシュライトは商品の箱や取扱説明書もないです。ハイモードで数分後に自動的に減光するタイプが使用していて安心感があります。




クワデリの選ぶ条件は…

第1位


色温度
透明感のある色


第2位

操作性
頻繁に操作するので


第3位

重量
重いと疲れます


第4位

デザイン
男心をくすぐるデザイン



以上の条件を満たしているFLは続きへ…
(一部条件を満たしていない物もあります)

-- 続きを読む --

category: フラッシュライト懐中電灯

TB: 0    CM: 16   

一言フリップ

バロメーター

プロフィール

アクセスランキング

FC2カウンター

オンラインカウンター

Twitter

記事別コメント

最新記事

Tree-Arcive

Tree-LINK

Tree-Category

リンクフリーです

メールフォーム

ブログ村

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム(リアル友達のみ受付ます)

QRコード